お役立ち

c-face購入方法や定価は?使い方やアプリ、販売店洗えるかや口コミまとめ

新型コロナウイルスが流行ってから私たちの生活には欠かせないものができましたよね。

それはなんとマスクです。

今となっては普通に感じてきましたが、少し前まではマスクを使うことなんてほとんどなかったと思います。

実際、私も使うときは花粉の時期ぐらいでした。

このご時世になり、マスクの種類もいろいろ出てきました。

その中で出始めたC-faceスマートマスクについて詳しくまとめました。

c-faceスマートマスクとは?

C-faceとは、

ロボットベンチャー企業が技術を応用して作られた商品で、

スマホにBluetoothを繋げてマスク越しに小さな声で喋っても10m先の相手のスマホに声を届かせる事ができる商品です。(必ず充電して使用します。)

「え、聞いたことない…」という人が多いのではないでしょうか?

実際、私も聞いた事がなく驚いています。

TVなどを普段あまり見ないからこそ知りませんでした。

C-faceがどんなものか少し分かったところで気になる事がありますよね。

購入できる場所や取り扱ってる販売店、購入するのにどのくらいかかるのか、どうやって使うのか、お手入れの仕方など気になる事がありますよね。

なので今回、

①C-faceスマートマスクの購入方法や定価は?どこで買える?取り扱ってる販売店について

②C-faceスマートマスクの使い方は?アプリが必要?

③C-faceスマートマスクは洗えるの?お手入れの仕方は?

こちらの3点を詳しくご紹介していきたいと思います!

C-faceスマートマスクの購入方法や定価は?どこで買える?取り扱ってる販売店について

まず初めにC-faceの購入方法や定価、どこで買えるのか、取り扱ってる販売店をご紹介していきます。

新型コロナウイルスが流行りはじめてから約3年が経ちました。

そこから私たちの生活にマスクは必需品になりましたよね。

3年前と比べると信じられないですよね。

マスクをつけていると、いろいろ問題がありますよね。

息苦しさやマスクをしていると声が聞き取りにくい、会議などができない、三密を避けなければならないなど問題がありますよね。

そんな問題を解決できるマスクを作るために作られたC-face。

購入できるなら購入したいと思いますよね。

なので、もっと詳しくご紹介していきたいと思います。

C-faceスマートマスクの購入方法

C-faceを購入する方法は、今は1つのみだそうです。

それがこちらの羽田空港オンラインショップでの購入です。

羽田空港オンラインショップはこちらです!

今現在(2022年4月22日の時点)ではこちらの1つだけ見たいです。

C-faceスマートマスクの定価はどのくらい?

C-faceを購入するのに定価がどれくらいなのか気になりますよね。

[価格] 本体のみ・・・6,930円(税込)

※通訳機能や議事録機能は月額使用料がかかるので注意してください。

取り扱ってる販売店

羽田空港オンラインショップの他にも販売している場所を探してみました。

しかし、他に販売されている場所は確認できませんでした。

2020年8月にクラウドファンディングMakuakeで予約販売が開始されていましたが、すでに終了していました。(2022年4月の時点)

C-faceスマートマスクの使い方は?アプリが必要?

次にC-faceスマートマスクの使い方やアプリが必要かについてご紹介していきたいと思います。

普通のマスクとは違う仕様なので、使い方やアプリが必要になるのかわからないですよね。

まず初めにC-faceの特徴をご紹介します。

①市販のマスクの上に取り付ける。

②マスクをした状態で直線距離10m離れた人にも声を届けられます。(相手のスマホがスピーカーになるため、医療従事者と患者が離れて診察できます。)

③大人数での会議は、マスクをしたまま会議ができます。また、会議の議事録作成ができる。

④喋って言葉がスマホに画面に文字として表示されます。

⑤喋った言葉は世界最高のレベルで翻訳(8ヶ国語)が可能です。

こちらの5つが特徴です。

これを踏まえた上で使い方をご紹介します。

C-faceスマートマスクの使い方

さて、C-faceスマートマスクの使い方を調べてみました。

それがこちらです。

①市販のマスクに装着します。(市販のほとんどのマスクに装着できます。)

②3秒長押しでBluetoothに繋げます。

③アプリを立ち上げると、相手のスマホに声が届きます。

④声が文字になって表示されます。

⑤話した言葉は世界最高レベルで翻訳できます。(月額料は500円〜1000円ほどが必要)

⑥専用のアプリで電話やメッセージができる上、議事録作成やミーティングができる。(ミーティングを使用する際は月額料900円〜1500円程が必要)

C -faceの使い方はこのような感じです。

C-faceスマートマスクはアプリが必要?

上記でも少し書かせて頂きましたが、アプリを使用する事で声を届けられます。

また使う用途によっては月額料をお支払いしないと使用できないのでご注意ください。

C-faceは今のご時世にはとてもピッタリだと思います。

なので、購入できる方は一つ持っておくととても便利だと思います。

C-faceスマートマスクは洗えるの?お手入れの方法は?

次にC-faceスマートマスクは洗えるの?お手入れの方法についてご紹介していきたいと思います。

C-faceは、中央部分がシリコンのような柔らかい素材でできている為、取り外し可能です。

なので、シリコン部分を消毒液で拭き取ってお手入れします。

Bluetooth機能がついているので洗わない方が良いと思います。

ですが、基本市販のマスクにつけて使用するので、衛生面的にはそんなに問題がないと思います。

C-faceスマートマスクの口コミ

マスクをしたまま間隔をあけてなおかつストレスフリーでコミュニケーションが取れるC -faceスマートマスク。

口コミでどのように言われているのか気になりますよね。

Twitterで探してみたので、ご紹介していきたいと思います。

 

このようにとても良い口コミばかりでした。

悪い評判を見ていないのですごくいい商品なんだと思いました。

使ってみたいですね。

C-faceスマートマスクの購入方法や定価は?使い方やアプリ、販売店、洗えるのか、口コミについてのまとめ

今回、C-faceスマートマスクの購入方法や定価は?使い方やアプリ、販売店、洗えるのか、口コミについてご紹介してきました。

結果、今でも購入可能ですが、購入できる場所が羽田空港オンラインショップのみなので、購入する際は、注意したほうがいいですね。

定価が一つ本体のみで6930円です。

少し高く感じてしまいますよね。

ですが、アプリと連携できるのも考えたらとてもお安いですよね。

使い方はアプリを使用した場合でもとても使いやすいと思います。

お手入れは消毒液で拭くだけなので、とても衛生的だと思います。

時間がなく、お手入れする時間がない人にもおすすめです。

口コミや評判を見て購入することも良いですが、これからもっと新型コロナウイルスが増える可能性を考えると購入しておいても損はないと思います。

これを見て私も欲しくなってきました!

ぜひ、購入してみてください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。