お役立ち

太陽フレア影響2022いつまで?通信障害や人体・飛行機電子機器にはどう影響するか

みなさんは太陽フレアについてご存知でしょうか?

太陽フレアとは太陽の表面で起きる爆発で大きな黒点の周りでときどき起こる現象のことを言います。

太陽フレアは黒点の磁場が変化するときそのエネルギーが周りのガスに伝わることで起きると考えられているんです。

そのため高温の爆発から電波やX線の他にも電子や陽子などの電気を飛び出してきます。

そんな太陽フレアですが、起こったところでなんも問題ないでしょうと思うかもしれません。

ぱんだちゃん
ぱんだちゃん
ですがそれは大きな勘違いなんです。

なので今回は、

・太陽フレア影響2022いつまで?

・太陽フレア影響2022通信障害や人体・飛行機電子機器にはどう影響するか

・太陽フレアの過去の現象は?

この3点についてご紹介していきたいと思います。

太陽フレア影響2022いつからいつまで?最新情報!

まず初めに太陽フレアの影響2022はいつからいつまでなのかについてご紹介していきたいと思います。

大規模の太陽フレアは100年に1回の頻度で起こるとされています。

太陽フレアが2週間連続で発生した場合は、携帯電話が不通になる、110番や119番通報がつながりにくい事態が各地で発生し、天気予報お精度低下やGPSぼ精度低下のも影響が出るとされています。

どんなふうにそうなるのか順番で見てみましょう。

大規模な太陽フレア発生

8分後にX線などの強い電磁波が地球に届き始め、無線通信や放送に障害が起き始める。またGPSの精度低下がみられる。

30分以上経ってから高エネルギーの粒子により人工衛星が故障する。また宇宙ステーションや国際線の航空機に乗っている人が強い放射線を浴びる可能性がある。

2~3日後は電気を帯びたガスが地球に届き、人工衛星の軌道に影響が出始める。また地球でも場所によっては停電になる。

流れ的にはこんな感じでしょう。

太陽活動はおよそ11年周期で変動があるとされている。

ぱんだちゃん
ぱんだちゃん
のため、2023年〜2026年ごろに極大が来ると予想されています。

2022年の今現在はその活動前の準備期間ということになる。

現在、情報通信研究機構(NICT)が太陽フレアについて予想を出していますが、どのような影響があるかや週単位月単位の様相はできていません。

太陽フレア影響2022通信障害や人体・飛行機電子機器にはどう影響する?

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220426-OYT1T50241/amp/

ぱんだちゃん
ぱんだちゃん
次に太陽フレアの影響2022は通信障害や人体・飛行機電子機器にはどんな影響を及ぼすのかについてご紹介していきたいと思います。

私たちが住んでいる地球には大気圏で覆われていて、その外側には磁力の働く磁気圏を持っているんです。

これは地球を守るバリア的な存在なんです。

太陽フレアが起こると次のことが想定されています。

人工衛星のトラブル

電子機器の故障

GPSの誤差が増大に

通信障害の発生

大規模の停電の発生

オーロラの活動が活発になり、日本でもオーロラが見られる可能性が大きい

このようなことが起こるとされています。

ですが、太陽フレアによって放出されたガスやX線などは大気圏に守られているため人体への影響は全くありませんので安心してください。

太陽フレアの影響とみられる過去の現象は?

http://www.jaist.ac.jp/~tujimoto/hasshin/shouriken/fukabori/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%A205.html

次に太陽フレアの影響と見られる過去の現象について調べてみました。

太陽フレアは表面の「黒点」と呼ばれる場所で起きる現象のことです。

黒点がちょうど地球に向いている時に大きな爆発が起きると高温ガスやX線などが放出され、これが地球にぶつかって起こる現象のことなんです。

その影響により、地球上や地球の近くにいる人工衛星などにも大きな影響が起こるんです。

過去の事例を簡単にみていきましょう。

1859年 大規模な太陽嵐「キャリントン・イベント」により、電報システムの停止通信用鉄塔が火花を放つ電報用紙が自然発火などの報告がされています。

1989年 磁気嵐によりカナダで約600万人が影響をうけた。9時間もの停電が発生し報告されています。

2000年 人工衛星の「あすか」の機能停止が報告されています。

2003年 過去最大のX28フレアが発生し小惑星探査機「はやぶさ」がダメージを受けたと報告されています。

2017年 太陽表面で2倍の太陽フレアが発生し、通常の1千倍の影響を受けたと報告されています。

2021年 Xクラスフレアが発生し、コロナ質量放出が地球に届いたが惑星空間で大きく減少し、地球磁気圏および電離圏への大きな影響がなかったと報告されています。

2022年 米宇宙関連企業の「スペースX」が打ち上げた人工衛星の49基のうち40基が機能停止したと報告されています。

過去の事例はこんな感じです。

今までにいろんなことが起きているのがわかりますよね。

でも起きている現象はその年によって様々なので、ある程度の予想はできたとしても何が起こるかわかりませんね。

太陽フレア影響2022いつまで?通信障害や人体・飛行機電子機器にはどう影響するかについてのまとめ

今回は、太陽フレア影響2022いつまで?通信障害や人体・飛行機電子機器にはどう影響するかについてについてご紹介していきました。

ぱんだちゃん
ぱんだちゃん
太陽フレアは人体に影響がないことは分かりましたが、通信機器や人工衛星などにはとても影響があるんですね。

ここまで影響が大きいとこれから先少し心配になりますね。

2023年〜2026年の間に大規模な太陽フレアが発生するみたいなので、停電になっても過ごすとができるように何か対策はしておいたほうがよさそうですね。

ご家庭で防災グッズを準備しておくことをお勧めします。

直接人体に影響がなくても停電した時は大変ですからね。

私たちに関わることは普段から調べておいたほうがよさそうです。

何があってもいいように最善の準備をしておきましょう。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。