アートART

記憶の風景

土屋 公雄

1955年福井県生まれ。現在千葉県在住。 記憶をテーマに国内外で作品を発表、世界各地でその土地の記憶を想起させる素材を用い作品を制作しています。90年に第3回朝倉文夫賞、91年に第14回現代日本彫刻展大賞、2003年に第11回本郷新賞を受賞しました。

かつて川崎駅西口には赤レンガ倉庫(旧国鉄の変電所)がありました。土屋公雄は人々の記憶に残るその風景を 未来に伝えるために、赤レンガ倉庫をモティーフにした作品を制作しました。作品の傾きは、地面から記憶が湧き上がってくることをイメージしています。

記憶の風景[2003年]
レンガタイル、アルミニウム 高6.7×幅16m